やさしい洗顔石鹸 純石鹸と無添加石鹸の違いは?

合成界面活性剤が肌にダメージを与えるとか、添加物はよくないと言われ、注目されているのが洗顔石鹸です。

石鹸と言っても添加物が配合されているものも多いので、無添加にこだわるなら、その成分表示までしっかりチェックする必要があります。

洗顔石鹸以外にも注目されている商品があって、一番有名なのがネオちゅらびはだです。ネオちゅらびはだの響きの通り、沖縄をイメージした洗顔料で、かなり汚れがしっかり落ちます。

肌にやさしい洗顔石鹸の中で紛らわしいのが、純石鹸と無添加石鹸です。どちらも科学物質は使っていないイメージですが、その違いはどこにあるのでしょうか。

純石鹸には定義があり、脂肪酸ナトリウム、または脂肪酸カリウムが全体の98%以上であることです。

動物や植物由来の天然油脂と苛性ソーダで作られています。だから、純石鹸の原材料は大変シンプルです。「石鹸素地」や「天然油脂、苛性ソーダ」と書かれています。材料名はすべて表示することと定められているので、シンプルな表示こそが純石鹸の証拠なのです。

では、無添加石鹸とは何でしょうか。

無添加石鹸には定義がないので、各メーカーが独自の基準を持っています。添加物と言われるのは、合成界面活性剤や合成香料、着色料や防腐剤です。

これらすべてが入っていないことを無添加とするメーカーがある一方で、合成界面活性剤と着色料と防腐剤を使用していても、合成香料を添加していない製品ならば無添加と称するメーカーがあります。

純石鹸は、正真正銘の無添加石鹸です。一方、無添加石鹸と表示されているものは幅広く、完全な無添加もあればそうでないものもあると言う事です。

肌への刺激を減らすため、100%無添加石鹸を探しているなら、迷うことなく純石鹸を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です