なぜ戦わなくてはならなかったのでしょう

久し振りにスポーツ観戦をしていて、怒りが込み上げてきました。

3月に入り、山中選手の試合を観る事にしたんです。私は元々ボクシングは苦手だったのですが、山中選手の事はバラエティで拝見していて、こんなに家族思いの人っているのかと思いました。

お子さん二人をお使いに出した後、ソワソワと落ち着かない様子がとても微笑ましくて、再戦すると聞いた時は、観てみようと思ったんです。

ですが、結果は負けてしまいました。それは仕方がない事だと思うんです。試合というのは、そういうものだとわかっています。でも、どうして納得がいかない事があるのです。

相手のネリ選手が計量で失格となったのに、どうして対戦しなくてはならなかったのでしょうか。

あきらかに、山中選手にとっては不利ですよね。今ごろになってから無期限の資格停止となっても、なんの意味もありません。

記者会見の時に、悔しさをグッとこらえている山中選手が選手の姿がとても印象的でした。

ご本人が引退を決めた以上は、もうどうする事も出来ないのだと思いますが、せめて相手選手の事はハッキリさせて欲しいと思うんです。

そして、またあの優しいお父さんとしての山中選手の姿を見たいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です